美容クリニックで小顔矯正をしよう【脂肪溶解注射がピッタリ】

気になる効果の持続性は

カウンセリング

痛みや腫れはどの程度

美容整形クリニックで受けることができる小顔矯正にはいくつかの種類があります。代表的なものはエラ骨を削る手術と、ボトックス注射による小顔矯正の2通りです。前者の手術については施術に約3時間要します。しかし、エラ骨を削るという事は骨格そのものを変えてしまうという事ですから、効果は半永久的に持続します。一方のボトックス注射とは、骨ではなく筋肉に作用するものです。ボトックスには筋肉の働きを弱める効果があるので、それを咬筋に注射する事でエラ張りを解消するという処置です。注射ですから施術時間は10分から15分程度の短時間で終わります。即効性はなく、効果が現れるまで数週間かかりますが、ある日突然顔が変わる訳ではなく、まるでダイエットしたかのように徐々に痩せていく様子が美容整形を受けたとは知られにくく人気があります。効果の持続には個人差はありますが、半年から1年ほどです。ボトックスには半永久的な効果は期待できませんが、何度か繰り返し注射する事で咬筋そのものを小さくする事も出来ますので、どんどん効果は高く持続するようになります。小顔矯正を受けるにあたって、おそらく一番気になる点は痛くないのかという事でしょう。痛みの感じ方には個人差がありますが、美容整形クリニックで受ける小顔矯正の施術において大きな痛みを感じる事はほぼありません。エラ骨を削るような大掛かりな手術を受ける場合、一見痛そうに感じてしまいますが基本的には全身麻酔での手術になるため寝ている間に手術が終わり、術中に痛みを感じる事はありません。ボトックス注射での治療の場合も安心してください。誰しも人生において予防接種など何度か注射は受けた事があるはずですから、想像できるのではないでしょうか。ボトックスだからといって特別に痛いという事はありません。通常の注射と同じような一瞬針の感覚がある程度で一緒です。痛みや腫れがあるとすれば、手術を受けた場合の術後です。術後は約1週間は腫れる事があります。気になる場合はマスクで隠すと良いでしょう。一方のボトックスの場合は副作用として注射後の腫れや赤みなどの報告はありますが稀なようです。どのような場合も、気になる症状がある場合は施術を行った医師に相談すると良いでしょう。

Copyright© 2018 美容クリニックで小顔矯正をしよう【脂肪溶解注射がピッタリ】 All Rights Reserved.